【初心者向け】ポケモンの厳選と育成に関して【剣盾】

どもー!ポケモン大好きおじさん事、グリズリー工藤です

ポケモンと言ったら

バトル!

今日はバトルで大事なポケモンの強さについて話していきます

ポケモンバトルでの基本 種族値

まずはこの子を例にします

 

 

みんな大好きピカチュウだね

 

まずこのピカチュウはどんな特徴があるかと言うと

そこそこ早い

すごく曖昧になっちゃうね

そこそこなんて曖昧な言い方ではなく、実は種族値という決められたステータスがあり、これはポケモンの種類によって決まってます

ピカチュウならこんな感じ

HP(H) 35
こうげき(A) 55
ぼうぎょ(B) 40
とくこう(C) 50
とくぼう(E) 50
すばやさ(S) 90

 

こんな感じに決まってるんですね

殆どのステータスは並以下、すばやさだけちょっと高めって数値になります

特に素早さってのは対戦ではとても大事な要素なので、マイルド勢でも覚えてる事が多いです

※素早さは1違うだけで行動の優先が変わってくるので重要です

 

また、とくこう、とくぼうと言う聞きなれないステータスは、特殊攻撃、特殊防御の略になります

ポケモンの技には2種類あり、物理技、特殊技があります

物理技ならこうげき、特殊技ならとくこうから計算され、防御側のそれにあった方で計算されます

〇〇パンチとかは物理、〇〇ビームは特殊など割と簡単に判断出来る物が多いですね

 

 

 

個体値

個体値これは隠しステータスになっており、ポケモン一匹一匹にそれぞれ数値が設定されてます

同じポケモンでもちょっと速かったり、強かったりと個性がある感じですね

0~31の32段階の数値が各ステータスに振り分けられており、この数値が高い方がより強いステータスとなります

これはランダムに振り分けられており、単純に32の6乗1073741824通りの個性があるって事ですね

 

野生で捕まえた場合の個体値

HP(H) 0~31
こうげき(A) 0~31
ぼうぎょ(B) 0~31
とくこう(C) 0~31
とくぼう(E) 0~31
すばやさ(S) 0~31

ちなみに6Vってのは、32進数を使って表記したすべてのステータスがさいこうの状態になり、バトルで使うなら6Vを目指す方がいいです

 

努力値

名前から察せるように努力でどうにかなる数値になります

510の数値をすべてのステータスに振る事が可能になっており、ドーピング、ポケモンを倒すなどして振る事が可能です

努力すれば速く走れるようになるよって事ですね

一つのステータスに最大252振る事が出来、こうげきに252、すばやさに252、HPに6振ると早くて強いポケモンになります

 

簡単な高速物理アタッカーの例

HP(H) 6(余り)
こうげき(A) 252
ぼうぎょ(B) 0
とくこう(C) 0
とくぼう(E) 0
すばやさ(S) 252

 

性格

ポケモンには性格というステータスもあります

性格によって上がるステータス、下がるステータスが決まっており、これを性格補正と呼びます

上がる場合は1.1倍となり、下がる場合は0.9倍となります

伸ばしたいステータスに合わせる事が重要ですね

 

性格の例

いじっぱり こうげき↑ とくこう↓
わんぱく ぼうぎょ↑ とくこう↓
しんちょう とくぼう↑ とくこう↓
おくびょう すばやさ↑ こうげき↓
ようき すばやさ↑ とくこう↓
まじめ 補正無し

 

実数値

種族値、個体値、努力値、性格を計算して実際の数値にしたのが実数値です

ポケモン対戦(ランクバトル)ではレベル50に合わせて戦うので、このレベル時の実数値で勝負になります

 

種族値はそのポケモンで決められてるので、どうしようもない

個体値はランダムだけど、卵孵化でより良い個体を作る事が可能

努力値伸ばしたいステータスに振る

性格は卵孵化で作るまたは、性格補正ミント

こうする事で、より強いポケモンを育成出来ます

ちなみにこれを理想個体と言い、ポケモン対戦では理想個体を作る事が必須になります

※理想個体でないと損な負け方が発生する事があるため

 

これがポケモンの育成の基本中の基本になります

どうだい?奥が深いだろ?

 

かなり難しい話になりますが、ちゃんとやる事が大事

ポケモンは子供でも楽しめるけど、大人の方が深く楽しめますね

 

さて、今夜も厳選頑張りまーす

 

かぐら
いや、痩せろよw

 

最新情報をチェックしよう!