ふしぎの海のナディア

どもー!アニメオタクのグリズリー工藤です

名作と言われる作品のいくつも見てない状態では、アニメオタクとして問題だ

と言う事で見ました!

ふしぎの海のナディア


一言では感想なんて言えない作品でした

浅いような深いような不思議な作品

いや、深いよ

だって監督が庵野なんだもんw

庵野秀明の作品とは?

新世紀エヴァンゲリオンの監督です

他にはトップをねらえ!実写のシンゴジラ

監督ではないけど、風の谷のナウシカにも参加してるそうです

まぁなんていうのかな

作風が謎

完結させることなく、とかメッセージを最後に残してモヤモヤさせる作風と思ってますw

しかし、ヱヴァンゲリヲンがめちゃくちゃヒットしてる名作で、私も大好きです

友人曰く、ナディアにもヱヴァっぽい感じがあるよ

また一説には、ヱヴァの原型となった?とも言われてるらしいので、これは期待です

ふしぎの海のナディア あらすじと感想

話の流れが大きく変わるので個人的に4つに分けての感想です

じゃないと感想なんて書けませんでしたw

感想はあくまで個人的な物と、ヱヴァンゲリヲンっぽいって先入観で見てますw

出会い編

時代は1900年ぐらいで、飛行機や発明が盛んな時代

主人公のジャンは科学大好きな少年発明家

ブルーウォーターという謎の宝石を身に着けた少女と出会い、変な三人組に追いかけられます

はっきり言ってこの時代にアニメだなぁって感じで微妙です

いや、面白んだよ?ヱヴァンゲリヲンっぽさはないです

おいおい、こんな感じで追いかけっこ続けるのか?

先が見えない展開に頑張って見ましたw

アニメは三話見て判断しろという格言がありますが、三話見ても全然テンション上がりません

潜水艦編

その時代にそぐわないハイテク潜水艦ノーチラス号が登場します

これは面白かったですね

このアニメは戦艦の戦闘が中心なんだ!と理解します

変な三人組が仲間になり、悪者が仲間になる=胸熱

これは期待です!

ハイテク過ぎるノーチラス号の謎は深まるばかりですが、かなり熱い展開になりこの辺すごく面白いです

無人島編

どうした庵野w

まったく無駄な話がコメディ回がひたすら続きます

潜水艦編はあんなに面白かったのに・・・

ノーチラス号が大破してからどう面白くなっていくのか、ひたすら期待してましたが、あまりに長いのでこう思いました

あ~この作品迷走してしまったんだなとw

そしてヒロインのナディアの性格が・・・

人には良い所が必ずある!そう、きっと良い子なんだって思ってみるけど、クッソw

主人公と恋仲になっても、他の男に一目惚れするとか誰得なんでしょう

飛行戦艦編

潜水艦ノーチラス号が沈没して完全にこの先の不安で一杯でしたが、生きてた!!!

完全に迷走して諦めてたので、これは期待ですが後数話で最終回w

いきなりの宇宙人w

人類は宇宙人に作られた

バリアをバリアで中和

聴いた事のある効果音、BGM

発進の感じが完全にヴンダー

そしてアダム

完全にヱヴァンゲリヲンw

あ~これがヱヴァンゲリヲンっぽいって事ですね

ヱヴァンゲリヲンっぽいって言うかこの編ヱヴァだw

庵野さんって巨神兵とか死海文書とか旧約聖書とか大好きなんですね

ふしぎの海のナディア まとめ

こんなに浮き沈みさせられた作品も久々でした

はっきりいって上級者向けです

お勧めはしませんが、ヱヴァンゲリヲン好きな人は見といて良いと思います

ヱヴァンゲリヲンの原点の一つかもしれませんので、ヱヴァンゲリヲン好きな人は是非見てほしいですね

いや、ヱヴァ好きなら見なきゃダメかも(ガチ勢は既に見てるかw

特にラスト数話は庵野監督がやりたかった事を詰め込まれてる感じでした

やりきれなかった事を全てヱヴァンゲリヲンで作品にしたのかもしれないですね

これが原点とするなら、次のヱヴァンゲリヲンも宇宙人登場?

あ~でも使徒って宇宙人みたいなもんか?

アニメってひとくくりにしてるけど、人によって好き嫌い分かれるよね

これは癖すごかったわw

序盤中盤さえ乗り切ればとても感動的な作品でした

ぐっとくるところも多かったし、運命って残酷ですね


さて、次は何見よっかな?

アデュー!

ブログランキングにご協力ください

下の画像押すと

痩せます

また、ブログ村からこのブログに戻ってくると

もっと痩せますw

にほんブログ村 ダイエットブログ ダイエット日記へ
にほんブログ村


コメント